2018年10月18日木曜日

鍼灸治療院

住宅の一室を鍼灸治療院に改装してます。

畳の部屋を板張りにして、押入れを改造して小さいながらも待合スペースも設けます。

造り付けの家具には施術に必要な道具類をしまったり、治療道具収納ワゴンを収められるようにしたり、患者さんのスーツを掛けたり、季節の花を飾ったりします。採光、通風の邪魔にならないように既存の窓をうまく利用しながら。

自宅で治療を受けているような、くつろぎながら落ち着いた雰囲気になるように心掛けました。